ブログ

デザイン性の高いオシャレな電球が付いているチャンネル文字から、昔ながらのレトロな電球のチャンネル文字までご紹介します!

皆さまこんにちは!近年、LED丸形電球(サイン球)の種類が多彩になり 我々看板屋でも仕様など悩みながらご提案しております。
埼玉県志木市にある看板の製作取付対応しております 樹サインです!

以前はサイン球と言えば白熱球で、種類が少なく使用する場面も限られていましたが
主流がLEDになった事で、形状・色をはじめとし 小さなものから大きなものまで選択肢が豊富になりました。
本日は主にチャンネル文字で使用するLEDサイン球(丸形電球)をご紹介します。
一緒に勉強しながら ぜひ最後までお付き合いください!

目次

1 スタンダードなサイン球:ソケットとボール球で昔ながらの定番丸形電球!

2 電球ソケット無し:配線不要のスタイリッシュなLEDボール球!

3 LED豆球タイプ・発泡型LED球:デジタル制御で多彩な表現が可能に!

4 樹脂で作る新しいタイプの電球型サイン球:削り上げて作るので何でもあり!?

5 まとめ

etc.

LEDはデジタル制御が容易になり、点滅や色の変化などの特殊効果を簡単に表現することができるようになりました。
それにより、デザインの幅が広がりサイン球を取り入れた看板に個性がうまれました。

1 スタンダードなサイン球、ソケットとボール球で昔ながらの定番サイン

丸形電球をソケットに回しながらねじ込むタイプ。
配線も一つ一つ結線するので、非常に時間かかります。
ボール球のサイズは大きいのでφ100程度までありますが
文字で使用する明るさは2w程度で充分なので
φ50以上のサイズは流通が少ないのが現状です。

2 ソケット無しのスタイリッシュなLEDボール球

一番の違いは、電球のソケットが不要になった事です。
はめ込み式なのでソケットが無い分スッキリしました。
LEDは連結していますので配線もなく
組み込み時間も短縮出来ますので
その点がコストを落とす事に一役買っております。
直径の種類は45mm50mm65mm70mmと多用にあります。
ボールカバーは乳半色が多いですが
LEDの色は電球色・青・黄・オレンジ・青・緑・赤・ピンクなど多彩
もちろんRGBも可能になります。

室内の天井へ丸型サイン球でディスプレイしました、施工事例ご紹介します。https://www.kanbanitsuki.com/works/restaurant/132/

3 LED豆球タイプ、発泡型LED球

特に小粒タイプは柔軟性が向上しました。
LEDは小さくて薄いため、φ10ミリ位より
複雑な形状やデザインが可能になります。
これにより、魅力的で個性的なサイン球文字が可能になりました。
LEDはデジタル制御が容易なので、点滅や色の変化など
特殊効果を簡単に表現することができます。

4 樹脂で作る新しいタイプのサイン球

アクリルを削り上げて作るので、もはや球ではありません!
透明アクリル・乳半アクリル・マット仕上げなどなど、LEDと併用しまして 素材を生かした質感で
新たなジャンルの看板が製作可能になりました。
高額と思うかもしれませんが、大型サイズでなかればコストパフォーマンスにも優れています。

以前素材の勉強で樹脂をご紹介しましたので、合わせてお読みください。 https://www.kanbanitsuki.com/blog/1155/

5 まとめ

LEDの進化は、丸型サイン球付きのチャンネル文字にもデザインや機能にも 大きな変化をもたらしました。
LEDは明るく長寿命 白熱球のような球切れも少なくなりましたので、ランニングコストも低減できます。
装飾する分コストは上がりますが、球のピッチなど変えて使用する量を減らしても 従来品と遜色ない明るさを表現できます。(ぜひ お気軽にご相談ください!)

今後のサインプランは、昔ながらのレトロでおしゃれな電球付のチャンネル文字だけではなく
デザイン性とお店のイメージを兼ね備えた、LEDサイン球付きの文字なども 選択肢に入れても面白いと思います。
参考にしていただければ幸いです。最後までお付き合いいただき ありがとうございます!

etc.

E26ゴムソケットの開口ジャストサイズは板の厚みににより変わります、1.2mmの鋼板でφ37.5でした
レーザー切断機で穴あけ、一昔前は電動ドリルで穴あけしていました。

無料相談はこちらからお気軽にご相談ください。お問い合わせ

SHARE!