ブログ

看板素材や種類についてご紹介します、耐久性やコスト加工しやすい素材など屋内屋外状況に応して制作しましょう。

皆様こんにちは!
今回はサイン全般でよく使われる材料「素材」と「種類」について勉強したいと思います。
私たちプロが普段当たり前のように使っている素材も、よくよく考えてみると
「あれっ?これってどういうものだっけ?」 「この場所で使用しても大丈夫かな?」と、改めて考えることがあります。 
ですので今回は私も勉強しながら、看板製作で使う素材の解説をしていきたいと思います。

 

今回紹介する素材がこちらです。

①樹脂:アクリル・ポリカーボネイト  製作事例写真あり
②ステンレス鋼板の種類 製作事例写真あり
③亜鉛メッキ鋼板 
④ボンデ鋼板
⑤カラー鋼板の種類
⑥アルミ複合版 製作事例写真あり
⑦木材:コンパネ・無垢材・集成材 製作事例写真あり
⑧看板で使用するシートの種類 製作事例あり
⑨まとめ

皆様も聞いたことあるものが多いと思いますが、一緒に勉強していきましょう。

①看板素材、サイン制作で使用する樹脂/アクリルの種類

・樹脂
広範囲を差す物質になります。
透明な素材から顔料で色づけします。
看板で使用する主な素材を2つピックアップします

・アクリル

アクリルも化学的に合成された合成樹脂になります。
アクリルの主要製品は内照式の壁面看板や内照式袖看板の面板で使用する、薄めの板3ミリか5ミリが多く使用されます、
一方でLED内蔵の樹脂文字は30mm前後の厚いアクリル板からNCルーターで加工します。

合わせて読みたい記事

3Dプリンターで作るサイン、光る看板文字、デザイン・コストに優れ短納期、LED樹脂文字も新しい時代に突入、デジタルアート誕生!



・ポリカーボネート

略して「ポリカ」、アクリルよりも高額になります。
ハンマーでたたいても割れない強い耐久性を持ち、透過性もアクリルより優れています。
ところが傷が付きやすい材質なので、ウエスなどで清掃するときは傷が付きやすくなります。

通常のフィルムをポリカに貼ると、ポリカからガスが出て気泡となって現れる事があります。
ポリカ用のシートは種類も少なくお勧めできません。
シートは貼れないものと考えていただいた方が良いと思います。



その他にも、屋外では不向きなABS・塩ビ・PET、PLA樹脂含め様々な種類があります。
全て樹脂の一種と考えて問題ありません。
看板屋は扱う種類が多く覚えるのが大変です、
特性に応じて使用することが重要です。

看板制作の素材で使用する樹脂のメリットは?

樹脂はカラーバリエーションも多く、透明な素材もあり、周りと調和したデザインが可能です
特に屋内はデザインの自由度も高く、様々な形状で加工できます、素材もステンレスなどに比べ安価になり、塗装など、2次仕上げが不要な商品が多く安価に製作できます。
割れにくく、破片が飛び散るリスクが少ない為、安全に使用できる利点も良いです。

デメリットは?

樹脂は高温に弱い素材が多く、直射日光や高温環境下での使用は劣化や歪みができます
金属に比べ強度が落ちるので、大型の看板や強い負荷がかかる取付部品としては不向きになります、屋外看板の面板はアクリルではなくFFシートを使用する理由として、アクリルの歪みや劣化が早い為です、樹脂を屋外で使用するケースでは知識がある人が構造的な補強を加え設計する必要があります。

アクリル樹脂文字、LED文字などの事例  https://www.labori-sign.jp/work-data/

②看板素材、サイン制作で使用するステンレス鋼板の種類

この名前は誰もが聞いたことがあるかと思いますが、
耐食性に優れた鋼板で、錆びにくく、高い耐久性を持ちます。
屋外・屋内どちらも使用可能ですが屋外向けの素材になります。


HL(ヘアーライン)、鏡面、バイブレーション(VB)、2Bなど仕上げの種類により見え方も違います。
ゼネコンさんのように100年以上耐える建築が基準になる時、看板製作はステンレスを使用しますね。
素材の中では高額ですが耐久性が良いので間違いない素材です。

2Bステンレス板金に焼付塗装仕上げ

ゼネコンさん発注のステンレス2B板金+塗装仕上げの文字型自立看板事例。https://www.kanbanitsuki.com/works/complex/136/

ステンレスHL仕上げ

サイン制作で使用する素材、ステンレス鋼板のメリットは?

誰もが一番先に思い浮かぶ、優れた耐久性です、建築業界でも多く使用するSUS306は錆びない素材とイメージあるかもしれませんが、正確には錆びにくい素材になります。沿岸など塩害対策で使用する素材は更に錆びにくいSUS316があり、海水に触れた環境下でも優れた耐久性の素材もあります、ディズニーランドの看板なども塩害対策の為SUS316が使用されております。

デメリットは?

ステンレス鋼板は、他の材料に比べ高額になります、塗装仕上げなど2次工程が入る場合は更に費用が高くなります。溶接加工や曲げ加工も熟練した技術者が必要になります。
HL(ヘアーライン)、鏡面など素地の状態で使用する時は手垢や油が付くと目立ちますので清掃が必要です。

合わせて読みたい記事

自立サイン・ポール看板 デザインや素材、種類教えます!LED内照式、ガラス自立サイン、耐久性やコスト、素材や種類などもご紹介

③看板素材、亜鉛メッキ鋼板

この名前も聞いたことがあるかと思いますが、
鋼板を亜鉛でメッキ仕上げしたもののことを言います。
長期間錆と腐食から防ぐことができ、ステンレスより安価な素材になります。


看板はほとんどがシート貼りや焼付塗装などの仕上げ工程が必要になり、
高額なステンレスHL(ヘアーライン)など素地仕上げなどと比較しても価格がさほど変わらない時がございます。
素材が安くても仕上げ工程が増えるとコストも上がります。

こちらは建築物の中に入る店舗系などの看板はほとんど亜鉛鋼板が主流です、看板も10年使用したら新しくしたいですよね、イニシャルコストを抑えたいとき最適です、もちろん10年以上持ちます、
屋外・屋内共に使用されます。

サイン制作で使用する素材、亜鉛メッキ鋼板のメリットは?

安価なコストで耐久性の高い素材です、ステンレス鋼板の半分以下の単価の為、製造コストが低く、耐久性も高いため、長期間にわたり性能を維持します。まだまだ認知度低い亜鉛鋼板ですがプロが推奨する看板の素材になります。

デメリットは?

鈑金素材で一番溶接が難しい素材になります、溶接部は亜鉛メッキを剥がす必要があり、経験と技術が必要になります、傷や切断面からは錆びるリスクもあるので、錆止め塗装など適切に処理する必要があります。亜鉛メッキでの製造工程では化学薬品を使用しているので、適切な取り扱いが必要になります。

④看板素材、サイン制作で使用するボンデ鋼板

続いては「ボンデ鋼板」です。ボンデ鋼板とは、亜鉛メッキの膜厚を薄く施した鋼板のこと。
化学的な防食処理を施した鋼板ですが耐候性といった面では劣ってしまいます。 

ステンレス・亜鉛鋼板・ボンデ鋼板の中では一番安価な素材です、外部での使用は劣化が比較的早く錆が出ますので向いておりません、屋内ではゼネコンさんなども使用しますし加工性にも優れております
なるべく屋内用の素材として推奨します。

看板制作の素材で使用するボンデ鋼板のメリットは?

素材が安価な他に、溶接や曲げ加工などの取扱いにも優しい素材なので様々な形状の加工に向いてます、塗装の密着性も高く、ステンレスや亜鉛鋼板に比べて剝がれにくい特性があります。

デメリットは?

薄く亜鉛メッキの塗膜処理はされておりますが、他の鋼板に比べて耐久性は短く、雨や埃など屋外で使用する場合、雨が溜まる部品や場所などには錆止め処理が必要になります、加工するには、こちらも知識と経験が必要な素材になります。

カラー鋼板とは、塗装を施している板金の種類になります、看板屋でよく使用する色はホワイトが多く、現在はアルミ複合板の復旧と共に需要が減ってきました、ただアルミ複合板ではできない曲げ加工ができるので、看板の額縁やパーツなどにうまく活用することができます。

看板業者が使用する素材、カラー鋼板のメリットは?

塗装仕上げの工程が省けるので納期、コストなど大幅に削減できるのが魅力、
シルバー色など、色も選択できイメージカラーに合わせた使い分けが可能、艶消し、艶ありと選択できます、本来は外壁材で使用する素材の為、耐久性もよい。

デメリットは?

塗装仕上の板金の為、曲げる時や切断するときは養生が必要、取り扱いにはキズ防止対策が必要なので取り扱いが難しい。
切断面などはカラースプレーで補修になる、鋼板は薄い板が多く溶接には不向き、クオリティーの高い看板には使用できない。

⑥看板素材、アルミ複合板

続いてアルミ複合板です。メーカーにより呼び方が変わります。
例えばアルポリックやアートパネル、AP(エーピー)板、が良く使用される名称です。
他にもあるかもしれませんが全てアルミ複合板になります。

芯材の発泡ポリエチレン樹脂をカラーアルミで上下からで挟んだ三層構造の板材のことです。
看板用に作られたと言われるくらい、サインパネルに適した材料です。
折り曲げは出来ませんが、サインパネルだけではなく、切り文字など様々なシーンで使用されてます。
安価、軽量で十分な強度と、耐候性を有した板厚3ミリが定番なります、屋外・屋内共に利用されます。
因みにスチール複合板もあり、マグネットなどが取り付けられる素材もあります。

木枠にアルミ複合版、インクジェットシート貼り
アルミ複合板切り文字、シート貼り仕上げ

サイン制作で使用する素材、アルミ複合板のメリットは?

アルミの軽さと強度を活かしており、軽量でありながら耐久性が高く、紫外線や雨風が当たる屋外でも長期間使用できる素材になります。
軟らかい素材の為、加工も容易でシート貼りなどの相性も良い、ボンデ鋼板より安価なのでコストパフォーマンスにも良い、不燃材などもあり利点が多くある素材です。

デメリットは?

曲げ加工や接着加工ができないので、加工は不向きな素材です、また軟質の為、ビス固定する場合は板金などの素材より大きな頭のビスを使用しないと外れるリスクがあります、そのためビス止めの跡が目立ち視認性を低下する場合があります。

関連記事

ピクトサインとは?トイレの案内も、魅せ方ひとつでグッとおしゃれに!低価格・短納期で製作できる素材や種類もご紹介します。

⑦看板素材、木材の種類

一概に木材と言っても様々な素材があります、今回は看板で使用する主な素材を3つピックアップします。

・コンパネ

ベニヤ板を積み重ねて貼った少し厚い板。
合板の一つでコンクリートパネル略して「コンパネ」と呼ばれる有名なものがありますが、
主に製品ではなく床の養生や、仮設材料、基礎の型枠、外壁の下地補強など活用方法が多くある素材になりますので、看板業者は誰もが一度は使用したことがある材料になります。



・無垢材

続いては無垢材です。
純粋に木をカット加工した板であり、「無垢」という言葉通りですね。
無垢材は何と言っても木の質感・表情がそのまま表現されるので、意匠的にはとても素晴らしい材料です。
代表的なサインは掘り込み看板などがあります。

ただ短手のサイズは限られてくる(直径が大きい木じゃないと駄目)のと、希少なので価格が高価です。
存在感抜群なのでお店の歴史や業種によりとても調和する材料です。

木材も同じ形状がありません、イメージと近い無垢材を選び、かまぼこ彫りしまして色づけします、最後にニスを塗り仕上げます


・集成材

続いては集成材です。
こちらはよくホームセンターなどで見かける材料ですが、
角材を何本も結合させた1枚の板という説明が一番わかりやすいかと思います。

集成材は無垢材に比べて安価であり、加工品のためサイズも幅広くあるので、色々なシーンで使えます。
ただ構造的にどうしても角材を結合させている見た目になってしまうため、内装屋さんなどのプロ目線では
安っぽく見られてしまう傾向もありますが、サインは使い方次第でコストも見た目も自然な木材に見え良いサインになると思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shinrin_hote02-1024x768.jpg


看板制作で使用する素材、木材のメリットは?

何と言っても自然な質感が魅力的です、温かみのある風合いがあるので看板全体に自然な魅力を伝えられます。加工も比較的容易なので彫刻などで個性的な看板に仕上げる事も可能です。
木材は天然素材でありながら、素地としてトップクラスのビジュアルがあります。

デメリットは?

木材は金属や樹脂と比べて寿命が比較的短くなります、劣化しないような適切な処理が必要です、美観を損なわないキシラデコールなどの防腐塗装や、傷がつきにくく長期間美観を損なわないクリア塗装など専門的な知識が必要です。

看板の仕上げに欠かせないシート、何種類あるか分からないほど多色ですね、皆さんが良く使用する単色シートだけではなく、木目などの柄系からメタリック、ガラスに張るグラデーションタイプ、データがあれば写真などもプリントできるインクジェット出力シートなど、今でも進化し続ける素材になります。

前述以外にも「蛍光色シート」や車の照明などに反射する「反射シート」、暗くなると発光する「蓄光シート」、昼間はシートの色だが内部より光が入ると白く発光する「デュアルカラーフィルム」、期間限定などシートを剝がす前提で使用する「再剥離シート」アスファルトや壁などのコンクリートに貼る、「ペイントシート」などなど種類が豊富の為、屋内用、屋外用など使用方法を間違えないように、使用場所に応じた正しい材料を選択しましょう。

関連記事

看板屋のシートTeamが教える、素材判断、どんなシートを使う?種類や違いについてご紹介します!

様々な看板がありますが、仕上げにシートは必須です、なので一番最後にご紹介させていただきました!

サイン制作で使用するシートのメリットは?

切り文字やデザインカットなど加工が容易で手軽に扱える素材が多い、
比較的安価な種類が多く、バリエーション豊か。

デメリットは?

柄系など、屋外で使用するシートは退色、劣化する素材が多い
目線で使用する場合、シートのジョイント部分など繋ぎが目立つケースがある。
材料のロスが多い。

当社はアクリルから鋼板まで社内制作だからできる技術と進化があります、自社制作だから出来る提案で、低コスト・短納期・オーダーメイドでお客様のご要望にお応えします!

まとめ

まだまだ看板の素材は色々なものがあり、用途・価格・使用場所などによって色々な使い方があります。
どんどん新たな材料も出てきますし、まだまだ勉強ですが、
材料を決める際にはデザイン的・構造的・コスト的など、充分に検討しながら適切な素材を選定していきましょう。是非参考にしてみてください。

以上です。最後までお付き合い頂きありがとうございました!

合わせてお読みください

看板デザイン、意匠Teamが教える図面作成時のポイント・素材選択から、低コストでの提案方法、お店の個性と魅力を伝えます。

SHARE!